忍者ブログ
仕事をひととき離れて、日常の出来事やうっぷんをこっそり更新。 皆さんも息抜きに楽しんでもらえれば幸いです。                  このブログを通じて皆さんとの輪が広がりますように・・・
<< 2020 / 04 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 1551 ] [ 1550 ] [ 1549 ] [ 1548 ] [ 1547 ] [ 1546 ] [ 1545 ] [ 1544 ] [ 1543 ] [ 1542 ] [ 1541 ]
子供の虐待の続きだけど、昔も虐待はいっぱいあったと思う。子供は親の私物のように、気に食わなかったら、殴る。蹴る。叩く。でも、現在のように殺すまではしなかったように思う。今は、何かにつけて、暴言、暴力は、訴え自由傾向になり、ちょっとした暴力や暴言にも怯える反面、殺しまで発展。本当に激し過ぎるよね。婆ちゃんがよく言っていたっけ。終戦で、樺太から本土に引き揚げてくる船の中。あまりにも、沢山の引き揚げ者と、食料や、衣類、荷物が多すぎて、船が沈没しそうになった。米、食料、衣類は全て海に捨てるように指示。その時、背中におんぶしていた赤ちゃんが、いつもギャアギャア泣いていたのに、急に動かなくなったと言う。周りがおかしいと思ったら、背中の赤ちゃんは、いつの間にか米に変わっていたというショックな話しを聞かされた。あの当時は、自分の命を守るため、子供より、食料を選んだという話。いつの時代でも、痛ましい事件は絶えない。昔と今、方法はちがうけど、虐待は尽きないんだ。。。虐待を受けた子供の頃の環境や思い出も、そ
の人達の心の闇は消える事もない。

拍手[8回]

コメントを書く
名前
タイトル
メールアドレス
コメント
PW   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-コメント-
思い出せば、あれも虐待?と思うけど・・・・。
そりゃ!昔の親も自分の機嫌一つで子供に当たっていたのだと言う事もあります。子供の立場のその時は「親からのしつけ」と思い耐えていたかも?!。
戦時中の食料難の時の色々の話は聞きますが、自分の食べ物の方が大事で米を捨てず子供を海に捨て米を子供に見せかけてオブっていた親がいたとは悲しい事実です。それも虐待ですね。
何時の世もそういう親がいたのですね。。。。。
虐待されて育った子が親になって又子供に同じ事をすると言われてますが・・・・・そんな事はないと思う。
。。。。思うに。。。。私の時代も兄弟が7人いて親にされた事、いやな事だった事は決して我が子にはしない様にと思いました。。。。
人間の性格がそれぞれ違い何時の世も同じ事はくり返されていると言う事でしょう。。。。
。。。。悲しいけれど。。。。
k-t 2016/02/03 Wed 08:34 Edit
無題
昔は、食い扶持を減らすために身売りさせられたり、障害を抱えた子は生まれた瞬間殺されてたっていうハナシもききます。心中も虐待のひとつ。殺されてた子も今と同じようにいっぱいいたと思うけれど、昔は親の言うことだけ信じられて、事故とか怪我とかで処理されてただけではないでしょうかね。今は、虐待か事故かの判断がお医者さんにより明確につけられるようになっただけ、という気がしますよ。
2016/02/03 Wed 15:25 Edit
2 Comment(s)
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
counter
バーコード
Admin | Write
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]
PR