忍者ブログ
仕事をひととき離れて、日常の出来事やうっぷんをこっそり更新。 皆さんも息抜きに楽しんでもらえれば幸いです。                  このブログを通じて皆さんとの輪が広がりますように・・・
<< 2020 / 04 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 1228 ] [ 1227 ] [ 1226 ] [ 1224 ] [ 1223 ] [ 1222 ] [ 1221 ] [ 1220 ] [ 1219 ] [ 1218 ] [ 1217 ]
人間の体の節目、人生の節目。昔から、言われる節目を大切にしてきましたか?私は、いままでの人生の節目を考えずに過ごしてきた。よく、昔、司会をしていた時、あちこちから、~祝の司会を頼まれた事がある。特に驚いたのは、初老祝い。初老はまだ若い年齢で、今まで築き上げた、財産を吐き出し、沢山の人をご招待してお祝いをするのを見て、不思議さと勿体なさと感じたけど、今自分が節目の年齢になると、なにもせず過ごしてきた人生に反省するものがある。せめて、親しい人達だけでも、集まって、今までの人生とこれからの人生の私を見守っていただきたい気もする。やはり、昔からの決まり事、祝い事、式たりは、節目として、深い意味があるんだなぁ~。皆さんも節目は大切に。。。。

拍手[12回]

コメントを書く
名前
タイトル
メールアドレス
コメント
PW   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-コメント-
人生には色々の「節目」がありますね。
生まれた時から、親は誕生を祝ってくれ、入園・入学を祝い、卒業式・成人式・結婚式、ここまでは大体親が祝っている節目?でしょうが考えてみると自分のそれからの節目など考えた事ありません。
還暦・喜寿・米寿になると子供のする事・・・・・・
自分の人生のケジメ?を思うと「初老祝い」をする人がいてもいいのではないでしょうか。いままでの人生のお礼と言いますかそれこそ「節目」(ケジメ)ですね
「生前葬」をする気持ちもそれに似てます。
ヤッパリ「初老祝い」は正解ですね。
・・・今までの人生を有難う!・・・そして年老いていくこれからを宜しく・・・・と、若い人に託す・・・・・「初老祝い」はいい考えです。。。。。
これをするにはよっぽど人生に自信を持って生きてこなければ出来ないかも。沢山の財産もユトリがなければね~
こんな祝賀会が出来るとオフイス・クドーは仕事?増えるかも?企画したらいいかもね
k-t 2015/04/17 Fri 09:50 Edit
1 Comment(s)
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
counter
バーコード
Admin | Write
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]
PR