忍者ブログ
仕事をひととき離れて、日常の出来事やうっぷんをこっそり更新。 皆さんも息抜きに楽しんでもらえれば幸いです。                  このブログを通じて皆さんとの輪が広がりますように・・・
<< 2020 / 04 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 250 ] [ 249 ] [ 248 ] [ 247 ] [ 246 ] [ 245 ] [ 244 ] [ 243 ] [ 242 ] [ 241 ] [ 240 ]
テレビで吹き替えの現場風景を見て身震いするほどの衝撃を覚えた。今まで何も感ぜずに外国映画をみていたが、あの現場を見て、如何にも本人がセリフを言っているような口の合わせ方、表現力、声の出し方、また、相手のセリフをよく聴いての気遣い、心から感心した。体の動きがともなえば、少しは感情込めてのセリフが発しやすいがそれは全くない。ただただ画面の動きに合わせてのセリフに、役になりきることの大切さ、何回も画面を見ながらの練習、吹き替えの声優さんに拍手をおくらずにはいられなかった。自分に置き換えると、あれだけの感情が伝わらないのは、役になりきる前に恥ずかしさが先にたつから表現がとぼしいのだと反省。でも憧れと感動を感じずにはいられなかった。

拍手[10回]

コメントを書く
名前
タイトル
メールアドレス
コメント
PW   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-コメント-
声優もプロ!
外国映画の日本語版・・・吹き替えは、大変でしょう。見ている時はその画面と声の表現も合っているので、何の違和感もなくみている。しかしその仕事の出来上がりまでにはそれはそれは、、色々の苦労があるのでしよう。それを見ている客側から違和感があるのでは、プロではない。どんな仕事でも結局は努力があっての結果と思います。声優もプロ・・・・司会もプロ・・・恥ずかしいものが先に出たら成り立たないでしょう。。。。。頑張りましょう。。。。
k-t 2012/09/04 Tue 08:07 Edit
無題
ロシアのテレビで見た、恋愛もののドラマ番組の吹き替えは、全部男の声でした。うまいのか下手なのか分からなかったけれど、気持ち悪かったです。
R.k 2012/09/04 Tue 22:09 Edit
2 Comment(s)
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[04/01 k-t]
[03/31 k-t]
[03/30 k-t]
[03/29 k-t]
[03/28 k-t]
counter
バーコード
Admin | Write
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]
PR