忍者ブログ
仕事をひととき離れて、日常の出来事やうっぷんをこっそり更新。 皆さんも息抜きに楽しんでもらえれば幸いです。                  このブログを通じて皆さんとの輪が広がりますように・・・
<< 2020 / 05 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 1471 ] [ 1470 ] [ 1469 ] [ 1468 ] [ 1467 ] [ 1466 ] [ 1465 ] [ 1464 ] [ 1463 ] [ 1462 ] [ 1461 ]
NHKで若年でアルツハイマー認知症になった人のドキュメントを放映していた。51才で発症。独身で介護者もいない日々の不安。自分の出来るものから、記憶維持を一つ一つ努力している姿は感動した。医師は、~年でこうなります。~年で徘徊しますと、経験とデータに基づき、薬の調整、定期的診察。治らないという病気を如何に進行を遅らせるかを指導するのが関の山。そして周りの心ない友人の言動に心傷む。「同じ事を何度も電話してくるので相手にしたくない」とか、冷たい顔、嫌な顔、それでも認知症の人は今までの付き合いを信じている。認知症の人も一人の人間。「俺は認知症だ。それがどうした」という人もいる。私も認知症の人から教わったのは、うわべだけの友人は、無理してつきあわなくても良かったんだと。。。世の中には、理解してくれる人はいっぱいいる。素敵な仲間を求め、普通に暮らせばいいんだよね。

拍手[8回]

コメントを書く
名前
タイトル
メールアドレス
コメント
PW   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-コメント-
貴女も見てましたか?!。
私もその放映を見ました。
録画もしました。
なりたくないのに!予防してならないで済む事ではない。。。段々進む病状。。。。。。
もし自分がそうなったら・・・・・と、思いながら見てました。。。。。。
今まで付き合っていた自分の周りの人の態度の変化やそれから感じる寂しさ・・・・・なんとも言いようの無いせつなさを思いながら見てました。
本人は段々認知症の病に、せめて生きてきた証を日記などの記録で得意のパソコンで記録していたがそれすら間々ならなくなって・・・・・・
近年は認知症に対しての理解や対応がありますが
その病になった人の立場になってもっと考えなければね~。。。。。そのテレビの放映で又一つ勉強になりました。。。。。
k-t 2015/11/19 Thu 09:22 Edit
1 Comment(s)
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
14
最新記事
最新コメント
counter
バーコード
Admin | Write
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]
PR