忍者ブログ
仕事をひととき離れて、日常の出来事やうっぷんをこっそり更新。 皆さんも息抜きに楽しんでもらえれば幸いです。                  このブログを通じて皆さんとの輪が広がりますように・・・
<< 2020 / 05 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 2035 ] [ 2034 ] [ 2033 ] [ 2032 ] [ 2031 ] [ 2030 ] [ 2029 ] [ 2028 ] [ 2027 ] [ 2026 ] [ 2025 ]
わからなくてもいい。嫌われてもいい。許してください。私は、あなたが好きだ。そして、あなたのために、どれだけのことができるのか?私にやらせてください。それだけでいい。惜しみなく愛を捧げてみたい。。鈴木清一著。この詩をよんで、ハッと気づいた。私は、こんな気持ちは、理解出来るが、相手から受ける愛を当たり前と思い、自分が捧げる愛の気持ちは考えたことがなかった!

拍手[8回]

コメントを書く
名前
タイトル
メールアドレス
コメント
PW   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-コメント-
私は貴女の逆です。
「鈴木清一薯」の言葉は私の若い時に愛する人に言った覚えがあります。。。。。。
貴女はその愛は当たり前と受けたけど・・・・愛を捧げた覚えがない!?と?。。。。考えた事がない!とはね~。。。。貴女らしいは。。。。。。
私はその気持ちで主人と結婚したんだけど・・・・その主人は貴女と同じだったんだ~と今、思うわ。。。。。
アッハハハッ。。。。。。
k-t 2017/05/22 Mon 11:57 Edit
その2のコメント。
惜しみなく愛を捧げたい!と思う一心で結婚して。。
身体が弱いから働けないなら私がお陰さまで健康だから働きます!の言葉の責任を果たしての生活の中で幸せを感じ、子供を産む事にも反対されながらもその人の子供が欲しさに産み苦労しての生活の半ばでその人の死を迎えることになり、遺児を育て上げ結婚させ孫にも恵まれての今、鈴木清一薯の言葉の通りであった私の今の心境の様です。。。。。。
「愛を捧げる喜び」の現実が今です。。。。。。
貴女は愛を受ける事のみではこの幸せが解らないでしょうねそれが女の幸せ。。。。
今、生きて行ける源かもね。寂しさはあっても。。。。
k-t 2017/05/22 Mon 22:38 Edit
2 Comment(s)
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
14
最新記事
最新コメント
counter
バーコード
Admin | Write
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]
PR