忍者ブログ
仕事をひととき離れて、日常の出来事やうっぷんをこっそり更新。 皆さんも息抜きに楽しんでもらえれば幸いです。                  このブログを通じて皆さんとの輪が広がりますように・・・
<< 2020 / 04 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 2039 ] [ 2038 ] [ 2037 ] [ 2036 ] [ 2035 ] [ 2034 ] [ 2033 ] [ 2032 ] [ 2031 ] [ 2030 ] [ 2029 ]
謝罪は、自分がミスをして謝罪する場合、自分が悪くなくても謝罪しなければならない場合いろいろある。どちらにしても、頭を下げ、お詫びする。相手の怒りがおさまるまで、じっと話を聞き入れて詫びをする。そんな形式的なことは、わかっているが、その謝罪の仕方で、その人の本質が見られてしまうそうな。言葉丁寧。頭深々。詫び、また詫び、詫び。でもその中に心の誠意がどこまでつたわるかが問題だ。詫びは、勿論。事故が起こった実状。その過程。その原因。その対処策。そして今後の改善対策を入れての詫び方。大手会社には、専属クレーム処理係という部署もあるそうだが、仕事とはいえ、毎日謝罪とは、「本当にご苦労さまです」しか言いようがない。謝罪して、許してもらえる場合、謝罪してもどうしても許してもらえない場合、何をいっても、後は誠意しかない。。。

拍手[6回]

コメントを書く
名前
タイトル
メールアドレス
コメント
PW   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-コメント-
謝罪の「態度」、「誠意」の仕方?!。
謝る結果はどうしょうにも出来ない。謝るしかない!
だが、その謝罪の中で心から精神誠意誤っていればいいのだが相手に少しでも義理的に誤っている。とか心から誤ってない。とか感じるとこれがこじれる元かと思う。謝る側も言葉を考える事も大切だ。。。。。
大会社のクレーム係は会社の事で自分でもないのにただただ誤り頭をさげ解決する。そこに人間性がが相手に伝わる・・・・そして解決となる。。。。。。。
まぁ~世の中にはクレーマと言う言葉もあるが。。。。
k-t 2017/05/26 Fri 08:43 Edit
1 Comment(s)
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
counter
バーコード
Admin | Write
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]
PR