忍者ブログ
仕事をひととき離れて、日常の出来事やうっぷんをこっそり更新。 皆さんも息抜きに楽しんでもらえれば幸いです。                  このブログを通じて皆さんとの輪が広がりますように・・・
<< 2020 / 04 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 1565 ] [ 1564 ] [ 1563 ] [ 1562 ] [ 1561 ] [ 1560 ] [ 1559 ] [ 1558 ] [ 1557 ] [ 1556 ] [ 1555 ]
1月17日の地元の白山神社のドンド焼きに行きそびれた私は、あちこち探して2月15日の隣の地域の黒龍神社のドンド焼きが行っていると突き止めた。朝早く、車で出かけて行き、紙袋に入れた去年のお札やお守りなどを焼こうとしたら、「ちょっと待て」「あんたどこから来た?」「灯明寺」「よそ者か」まずこんな会話のやりとりがありビックリした。「よそ者は参加できないの?」と言おうとした時に、その隣にいた男性が「よそ者がだめ。と言うわけじゃないよ。焼く中身を確認しないとだめなんだよ。鈴やビニール、中身は全部別々にして燃やせるものだけ焼く」なるほど地域によってやり方がちがうんだ。使い古したベアを見つけるとこれはだめ。「何で?長い事フェアの展示で古くなったベア。可哀想で捨てるわけにもいかず、せめて神様に拝んで貰って処分しようと思ったのに」と言ったら「あかん。あかん」もう一人の男性が中身を確認しつつ、全部そっと焼いてくれた。こんな時、融通のきく人、きかない人。親切、不親切がよくわかる。優しい男性に「ありがとう」とそ
っといったら、「気持ちでいいから、お賽銭と手を合わせてお参りしてね」「わかってますよ。お賽銭。当たり前ですよ。よそ者だけど、お参りできてよかった」と言ったら「来年もきてもいいからね」うふふ「ありがとう。」「くるわけないじゃん」うふふ。。

拍手[9回]

コメントを書く
名前
タイトル
メールアドレス
コメント
PW   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-コメント-
何処でも一緒ですね!。
私のところでも町法寺と言って神様の古いお札やしめ飾りをお払いして燃やすシキタリががあります。
自分の町内での出し忘れを他の地区で便乗したのですか?。。。。。。
チョット勇気がいりますね。。。。。
飾りの中に燃えないものがあると別にしますね。
所によってはビニール袋もダメと言う事もあります。
勿論、お賽銭はおいてきます。。。。。
何処でも意地の悪い人、心の優しい人はいますね。
お賽銭をはずんだから、又来年もおいで!って言ったんでしょう。。。。。。
k-t 2016/02/16 Tue 08:43 Edit
1 Comment(s)
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
counter
バーコード
Admin | Write
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]
PR