忍者ブログ
仕事をひととき離れて、日常の出来事やうっぷんをこっそり更新。 皆さんも息抜きに楽しんでもらえれば幸いです。                  このブログを通じて皆さんとの輪が広がりますように・・・
<< 2020 / 06 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 1712 ] [ 1711 ] [ 1710 ] [ 1709 ] [ 1708 ] [ 1707 ] [ 1706 ] [ 1705 ] [ 1704 ] [ 1703 ] [ 1702 ]
お中元シーズンがやってきた。福井の方に福井の名産品を贈るよりも、何か目新しいものをのと、
毎年福井の物でなく、青森や東京からとりよせていた。私にしてみればちょっとの気遣いと思っても、頂く側にしてみると、毎年青森の同じ物?と思う人もいれば、同じ物をあてにしてますという人もいる。何か変わったものをと、手軽にいける金沢まで足を運んだ。。富山、石川の名産品を選んで買おうとしたとき、お店の販売員の一言で、ハッとし、またがっかりした。福井にも卸しをしているし、全国に通販していると。そうだわ。!わざわざ汽車賃をかけて買いに来なくても、電話一本で送ってくるのがわかっているはずなのに。!何で気づかなかったんだろう。本当に抜けてるわ。結局夕飯のおかずを買って帰ってきた。息子へのお土産に富山のます寿司を買ってきて「本場ものだよ」といったら、「同じ物福井駅前で売ってるよ」と言う。「食べさせたいという母親の気持ちがこの寿司にははいっているから、味は違うんだよ」と言ったら「汽車賃もったいない」だってさ~。
トホホホホ。。。。。。

拍手[12回]

コメントを書く
名前
タイトル
メールアドレス
コメント
PW   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-コメント-
全く、その通りです。
いくら地元の名物と思ってお中元の品を選んでも、この頃はインターネットとかでの販売方式ですぐに手に入る。。。。。それよりも値段も調べられる。。。。。
変なもんです。。。。。心(気持ち)のつながりが変に感じられる。。。。値段の厳しさもあっるからか?、だから最近の商売の問屋関係では「中元」や「歳暮」のやりとりは無くなった様だ。。。。。人と人とのつながりの盆、暮のお付き合いは日本のしきたりと言えども伝統的なものの薄らいは出てきてますね。
段々、心がつながらないって事ですか息子さんにもその心で買ってきたのにね???。。。
それは、情けないトホホホッホッですね。。。。。。
k-t 2016/07/10 Sun 16:52 Edit
1 Comment(s)
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
counter
バーコード
Admin | Write
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]
PR