忍者ブログ
仕事をひととき離れて、日常の出来事やうっぷんをこっそり更新。 皆さんも息抜きに楽しんでもらえれば幸いです。                  このブログを通じて皆さんとの輪が広がりますように・・・
<< 2020 / 03 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 1288 ] [ 1287 ] [ 1285 ] [ 1284 ] [ 1283 ] [ 1282 ] [ 1281 ] [ 1280 ] [ 1279 ] [ 1278 ] [ 1277 ]
「自分の帰る場所がない」というお婆さんの一言がきっかけで、他人が寄り添って同居するシニアハウスを作ってしまった夫婦がいた。掃除する人、洗濯する人、料理をする人、その日の役割分担を決め、日中は近くの土地で野菜作り。自分達の作った農作物で自給自足。テレビで楽しそうな光景に見えたが、神経を使いすぎることはないのだろうか?。今の世の中、自分の子供にも気を使いながら同居している家族が多いとか。一人は寂しいし、家族に神経を使いながらの同居は嫌だし、ましてや、他人に気を使いながらのシニア生活はうまくやっていけるのか不安だし、やっぱり我が儘な性格を今のうちから直しておかなくちゃあ、これからの時代に対応出来る生活は難しいのかなぁ~。

拍手[8回]

コメントを書く
名前
タイトル
メールアドレス
コメント
PW   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-コメント-
誰でも考える老後です。
昔、若い頃聞いた事ありますね。
一人になって寂しい人ばかりが集まって一つ屋根の下で暮らす。その中の人が助け合って出来る事を分担する。。。。いい事の様に聞こえますが・・・中々うまくいったでしょうか?。
人間、最後は一人です。自分の人生です。自分がどんな最後がいいか?自分で決める事です。
最近は老後施設も中々入れない状態のようです。
自宅で暮らす事になるでしょう。それが一番です。
そんな時になっても友達がイッパイいれば元気は人は尋ねてきてくれる様にと。。。。。
今からでも沢山の気の合ったお友達を作り、自分から離れていかないように、自分の為の老後を過ごしましょう
自分の家をシニアハウスにすればいいかも
元気で100才まで楽しく生きていきませんか
最高年齢になって、ギネスブックに載りましょう。。。。
残りの人生を頑張りましょう
k-t 2015/06/11 Thu 09:25 Edit
1 Comment(s)
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
30 31
最新記事
最新コメント
[03/29 k-t]
[03/28 k-t]
[03/27 k-t]
[03/26 娘]
[03/26 娘]
counter
バーコード
Admin | Write
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]
PR