忍者ブログ
仕事をひととき離れて、日常の出来事やうっぷんをこっそり更新。 皆さんも息抜きに楽しんでもらえれば幸いです。                  このブログを通じて皆さんとの輪が広がりますように・・・
<< 2020 / 04 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 2583 ] [ 2582 ] [ 2581 ] [ 2580 ] [ 2579 ] [ 2578 ] [ 2577 ] [ 2576 ] [ 2575 ] [ 2574 ] [ 2573 ]
娘の子供二人をみていると、本当に母親の取り合いだ。お風呂屋さんに行っても長女がこの際とばかり母にぴったりくっついてきて肌と肌の温もりを感じていたいらしい。そこへ次女が「何で私を抱っこしてくれないの」とキィキイ怒っている。娘は、あまりふたりが寄りつくと「あまりまとわりつかないで」と嫌がっている。この光景をみて、私も子供三人も生んだ割には、仕事が忙しすぎてスキンシップがあまりなかったような気がする。子育ては、家事はすべて婆ちゃん任せ。あの頃は、仕事に没頭していた。あの頃は、わずらわしさがなく、それで良かったのかもしれないが、今は、母にまとわりつく孫の姿を見て、なんか、寂しい気持ちになる。。。

拍手[27回]

コメントを書く
名前
タイトル
メールアドレス
コメント
PW   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-コメント-
子供は婆ちゃん子もいましたねェ~。
昔は自分が仕事を持っていると子育ては特に自分の母親との同住であれば尚更婆ちゃんっ子でしたね自分は産んだが育てたのは婆ちゃんです。その為にか幼い時の親子との接触の記憶が無い?から孫さんの母親との光景が目につくのでしょう。。。。。。。
小さい時の母と子はどの子でもそんなものです。母親の取り合い!もあれば自分だけの親にしたい!気持ちもあって当然です。。。。。
今思えば貴女の母様は孫であっても三人の子育てを母親代わりになって愛情をこめて育てて下さったと言う事です。幼い時は面倒を見てくれる身近な人「親」の役目でした。。。。。。
今、見てごらんなさい!。時代は変わってどんな企業でも「育児休暇」と言って必ず母親が育てています
やはり幼児の内は母親とのスキンシップが一番の性格の土台です。姉妹で親の取り合い!喧嘩!これも成長の過程です。見ていてほほえましいです。今の時代は変わったのです。自分の時とは違います。。。
私も思い出す。。。。我が子(今は60才に近い)が何時までも膝から離れず甘えていたことを・・・・・・。。。
k-t 2018/11/16 Fri 09:03 Edit
1 Comment(s)
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[03/31 k-t]
[03/30 k-t]
[03/29 k-t]
[03/28 k-t]
[03/27 k-t]
counter
バーコード
Admin | Write
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]
PR